シングルマザーとひとり娘の中学受験奮闘記~塾弁のメインディッシュはばぁばの手作り~

2020年中学受験の娘とシングルマザーの母とじぃじばぁばの中学受験勉強記録。家族みんなで、3年後、娘に綺麗な桜が咲くのをサポートします!

算数の勉強方法がわかりません(+o+)

ゴールデンウィーク中の5月6日。

小4の第2回YT組分けテストが行われました。

前回お話したように、よつばは算数で大爆死。

sakuranokinokage.hatenablog.com

 

第1回YT組分けテストから全体の偏差値も順位もガクンと下がりました。

算数の順位は全体の1/3ほどの辺りで、点数も平均点をちょこっと超えたくらい。

偏差値は50台前半でした。

 

国語が得意で社会が大好きなよつばは、おもいっきり文系人間のように見えますが、実は我が家は理系が多い家系です。

母つくしも、中学生までは数学も理科もよくわかりませんでしたが、高校に入って理系の血が覚醒し、「数学も理科も面白いじゃん!」ということで、理系大学に進学しました。

なので、どこかで理系の血が覚醒してくれればと思うのですが…。

今のところ、覚醒の気配はなさそうです(;´Д`)

 

よつばは、赤ちゃんの頃から「この子、算数苦手かも…。」と不安にさせる面がありました。

1歳頃は写真のような型はめブロックが苦手で、型からブロックを入れずに取り出し口から出し入れして遊んでいたり...。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

また、2~3歳になればほとんどの子が8~12ピースほどのパズルはできると思いますが、よつばが3歳(年少さん)の頃は、4ピースのパズルですらできませんでした。

「え?さすがに4ピースはできるでしょ?大袈裟に話を盛ってる?」

と思うかもしれませんが、本当にそうだったのです。

例えば、キャラクターの上半身と下半身で分かれているパズルの場合、3歳のよつばは足のピースを上に持っていき、頭のピースを下に持っていきます。

そして、

「イ”ィ”~!!入らないっ(# ゚Д゚)」

と、怒りだすのです。

 

図形に限らず数字をイメージで捉えるのが苦手な子で、今でも「1000円は100円玉何枚分?」という質問が即答できません。

「一万円は100円玉何枚でしょう!」

「10枚!」

これは、ゴールデンウィーク中のわたしとよつばの会話の一部です。

この手の質問はもう何十回、何百回もしていますが、ほぼ間違えた解答が返ってきます。

では、よつばは計算が苦手なのかと聞かれれば、(進学塾に通っている大抵の子の)人並にできますし、特別に計算が遅いわけでも正答率が低いわけでもありません。

 

なので、おそらく彼女の頭の中では数字を身近なものに具象化して考えることはせず、

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

数字もxやyなどの文字もそのまま使い、頭の中で数式を並べているのだと思います。

(▼これはフリー素材を引っ張ってきただけですよw)

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

お金や物を使って計算をする練習は、小さな頃からかなり多めに質問したり見せてあげたりしていたのですが…。

親の思うようにはいかないものですね(T_T)

 

イメージで数字を捉えられないので、おおよその数を考えるのがよつばは苦手です。

99はおよそ100ですが、よつばの中では99は99でしかありません。

そこに『およそ100』という考えが浮かびません。

100円を持って買い物をしたとき、72円のものをかごに入れると、残りはおよそ30円分だと考えますが、よつばは100円-72円=28円と計算します。

競泳をやっていたため25の倍数の計算は簡単にできるはずなのに、25×4を律儀にひっ算します。

「25mを4本泳いだら何m?」と聞いても、その質問と25×4が結びつかずにひっ算を続けるのです。

 

よつばはちゃらんぽらんに見えて、実は超が付くほどの生真面目なタイプ(今どきの言い方をすれば、『マジレッサー』)で、何事もそのまま素直に捉えてしまいます。

ちょっと頭がカッチカチというか…(;^ω^)

冗談が全く通じないタイプです。

なので、問われていることを自分なりにわかりやすく変換することができないのではないか?とわたしは見ています。

そして、それが算数が苦手な原因の一つなのではないかな?と思います。

わたし自身が何でも自分なりに具体的なイメージを作って理解するタイプなので、余計によつばの考え方が理解しにくいというのもあるのですが、どうなのでしょう?

わたしはイメージでざっくりと捉えた方が算数は簡単だと思うのですが…。

 

よつばのように生真面目タイプで、中学受験を迎えた先輩方はどのように勉強したのでしょう?

母つくし、娘よつばの算数が目下の悩みの一つです。

 

 

▼ご連絡は、下記アドレスからお願いいたします。

info.feerire@gmail.com

 

2つのランキングに参加しています。

ポチリしていただけますと嬉しいです♪


にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ

沢山の方が読者登録をしてくださっています。ありがとうございます。