シングルマザーとひとり娘の中学受験奮闘記~塾弁のメインディッシュはばぁばの手作り~

2020年中学受験の娘とシングルマザーの母とじぃじばぁばの中学受験勉強記録。家族みんなで、3年後、娘に綺麗な桜が咲くのをサポートします!

母ちゃんが『競泳』よりも『受験勉強』を取りました。~二足のわらじの終わり~

さて、先週予告していた『二足のわらじ』についてのご報告です。

 

 ▼先週の予告記事。

sakuranokinokage.hatenablog.com

 

 ▼二足のわらじについて書いた記事。

sakuranokinokage.hatenablog.com

 

 実は、よつばの競泳と塾の二足のわらじは3月(正確に言えば2月いっぱい)で終了していました。

ブログで言えるようになるまで1か月以上、わたしの心の整理がつかず、ご報告が遅くなったことを申し訳なく思います。

 

以前からブログで書いていた通り、小4カリキュラムに入ってからよつばの生活は一変し、遊ぶ時間もテレビを観る時間も皆無と言っても過言ではありませんでした。

競泳の練習が終わり、そこからお風呂、夕飯、勉強時間になり、毎日23時就寝(日によっては24時就寝)。

おそらく多くの子が勉強の予備日に充てているだろう日曜日も、ひと月に1~2回は試合が入るので、日曜日に1日中勉強ができないこともありました。

当然、自由が全くないよつばのストレスは溜まる一方です。

 

そんな余裕がない生活をしている2月の間、母のわたしは「こんな生活が続いて、果たして本当に良いのだろうか?」とモヤモヤするようになりました。

 

我が家は片親で金銭的に余裕が無いので、習い事を行う際のルールがあります。

それは『遊びの習い事ならばさせない!』です。

競泳では、今年の夏の全国大会を目指していたよつば。

確かに、全国大会を十分に狙える記録を試合で出していました。

しかし、練習を見ていると「全国大会に行きたい!」と本気で思っているようには思えませんでした。

それが、2月のわたしにはどうしても許せませんでした。

 

いや、よつばはこれまでも真剣に競泳の練習をしたことなどほとんどありません。

疲れたらとことん手を抜く、コーチが見ている前だけ綺麗に泳ぐ、なんとなく練習をする、etc…

それでも本番に強いタイプなので、試合ではポーンと結果を出し、スランプらしいスランプを経験することなく順調に記録を縮めていました。

そのため『練習で手を抜いたって私は本番では結果を出せる!』と、よつばは調子に乗っていました。

 

わたしは、習い事を通して『一生懸命頑張ることの大切さ』を学んでほしいと思っています。

なので、仮にぷらぷらと適当にやっていて結果が出たとしても、それはわたしの教育方針とは異なります。

よつばは、何度も何度も「いい加減な練習をするなら辞めさせるよ」と、わたしに言われ続けました。

それでもちっとも態度が変わらなかったよつば。

「まだ小さいから」「いつか自分で頑張るときが来るから」と、周囲に説得され我慢してきましたが、今回は堪忍袋の緒が切れました。

 

金銭的に余裕が無い我が家(わたしとよつば)。

さらに、時間に余裕が無く両立なんて無理かも…と悩んでいた時期に、彼女のやる気をこれ以上待つことがわたしにはできませんでした。

よつばの担当コーチとも話しましたが、「今のままで、夏の全国大会に出場できる記録が、7月末までのあと5ヶ月間で出るという確証はない。」とのことでした。

そして、競泳の全国大会である程度の結果を出し、引退後はコーチをやってきたわたしの目から見ても、担当コーチと同じ見解でした。

 

全国大会に出場できる記録がでる可能性が高いなら、全国大会本番の8月末までの6ヶ月間、よつばのお尻をひっぱたいてでも二足のわらじを頑張らせようとかと思いました。

しかし、そうではないのなら夏までの時間を二足のわらじで頑張らせる理由はあるのだろうか?

競泳しかやってこなかった果てのわたし自身のこれまでの人生を考えると、睡眠時間を削り、自由が一切ない生活を9歳のよつばにあと半年間続けさせる理由が、わたしにはわかりませんでした。

そして、どうすることが正解に近いのか解らずモヤモヤした気持ちを抱えたまま、よつばが0歳の頃から8年以上通ったスイミングスクールに退会届けを出しました。

 

すでに申し込んでいた試合があったので、退会した後でしたが3月初旬に試合に出場させました。

4日間、まったく練習をしていなかったのにベストタイムを出したよつばを見て、余計に気持ちが揺れました。

ただ、塾で相談すると「可能なら、このまま競泳は辞めて勉強に集中して欲しいです。私たちも3年後に良い結果が出るように全力でサポートしますので。」と先生がおっしゃってくださったので、少し心が救われました。

 

3月は、気持ちの沈みから体調面にも影響が出て、感染症にまでかかってしまったわたしですが、ようやく気持ちの整理がつき始めました。

それは何故か?

やはり、遊ぶ時間ができ、十分な睡眠時間を確保できるようになったよつばを見ることができたからかもしれません。

 

しかし、よつば自身はどうなのでしょうか?

次回は、3月からの彼女の様子も書きたいと思います。

 

▼母ちゃんも、行政書士のとある資格を取得するために勉強を始めました。

青空勉強は気持ち良くてはかどりました!
f:id:toereading:20170419195811j:image

 

▼ご連絡は、下記アドレスからお願いいたします。

info.feerire@gmail.com

 

2つのランキングに参加しています。

ポチリしていただけますと嬉しいです♪


にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ

沢山の方が読者登録をしてくださっています。ありがとうございます。