シングルマザーとひとり娘の中学受験奮闘記~塾弁のメインディッシュはばぁばの手作り~

2020年中学受験の娘とシングルマザーの母とじぃじばぁばの中学受験勉強記録。家族みんなで、3年後、娘に綺麗な桜が咲くのをサポートします!

2月に学習した内容を忘れているのであれば、春期講習は参加させて間違いない。

こんにちは。

当ブログにいらしてくださり、ありがとうございます(*´ω`*)

また、読者登録をしてくださった方にも感謝いたします。

 

さて、どの進学塾でも春期講習真っ只中だと思います。

よつばは、今日も元気に春期講習に出発いたしました。

今日で春期講習6日目。

小4は1回3時間授業で、【国語と社会】・【算数と理科】を1日置きに受講し、今日は【算数と理科】の日です。

 

各塾によってカリキュラムは様々だとは思いますが、よつばの塾の春期講習カリキュラムは『2~3月に受講した単元の復習』となっています。

その目的は、春期講習をきっかけに新規入会する子にも既存会員の子と同じ学習をさせるためなのかな?と考えます。

 

では、既存会員の子たちにとって春期講習はあまり重要ではないのでしょうか?

もし、わたしが

「春期講習は既存会員の子にはあまり必要がないの?受講しなくても大丈夫?」

と聞かれたならば、

「必要です!受講して損はないです!!」

と答えると思います。

 

その理由は2つあります。

1つ目の理由は、『2~3月に学習したこと、特に2月に学習したことを忘れている可能性が高いから』

2つ目の理由は、『春期講習テキストや問題集は、易しめに作られているように見えるから』

 

まず、1つ目の理由ですが…。

単によつばが忘れっぽいだけなのかもしれませんが、彼女は2月に学習した内容をほとんど覚えていませんでした。

「週テストに加えて、組分けテストまで受けたのに…

なぜ( ゚Д゚)?」

と、がっかりしましたが、無理もないかもしれません。

 

1月まで2教科だったのが小4カリキュラムに入った2月から4教科に増え、宿題も倍増しました。

2月は学校も年度末でバタバタしますし、まだ短縮日課にも入っていないので6時間授業の日も多く、宿題をじっくりとこなす時間がありませんでした。

少ない時間で何とかやりくりしなければならないので、わたしも

「とにかく!理屈はいいから頭に詰め込みなさ~い!!」

なんて言っていました。

よつばは、目の前の宿題、週テスト、組分けテストのために、とりあえずぎゅうぎゅうと頭に詰め込んでいただけだったのです。

なので、目の前の事が終われば、詰め込んだ内容をポイッと捨てていたんですね。

そんな2~3月と違い、春期講習期間は学校が無いので、じっくりと塾の宿題に取り組むことができます。

 

さらに、ここからは2つ目の理由に繋がりますが、春期講習テキストは通常テキストに比べて非常にコンパクトにまとめられていると思います。

なので、塾が求める今現在必要な学習内容を比較的ラクに復習をすることが可能です。

また、1日置きに授業があるので宿題などの演習量も多くなく、難易度も易しめだなぁという印象です。

それでも算数の応用問題は全く歯が立たないことが多く、「えぇ~(;´Д`)」と思うことも多々ありますが、問題数が少ないので、算数アレルギーのよつばも何とか我慢してこなしています。

 

そして、これは賛否両論あるかとは思いますが、わたしは短期間にギュッとまとめて学習するのは、時間をかけて学ぶより身に付きやすい思うのです。

わたしのスイミングコーチだった頃の経験で考えると、週1~2回の通常スクールより1週間の短期教室で一気に泳ぎを習う方が覚えが早い場合も少なくありません。

週1~2回のレッスンだと合格まで3~4ヶ月かかる子が、1度の短期教室で合格してしまうことも決して珍しいことではありませんでした。

 

そういった面から見ても、ギュッと濃縮した時間と内容で集中して復習ができる春期講習は非常に効果が高く、既存の会員の子も積極的に受講すべきだなと思います。

これは春期講習に限らず、夏期講習や冬期講習も同じですね。

せっかくの長期休みは家族でお出かけしたいし、復習カリキュラムならまだ小4だから受講しなくてもいいよね~…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、特によつばのように2~3月の学習が消化不良だった子には、春期講習はおススメですよ。

 

 

2つのランキングに参加しています。

ポチリしていただけますと嬉しいです♪


にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ

読者登録、誠にありがとうございます。