読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーとひとり娘の中学受験奮闘記~塾弁のメインディッシュはばぁばの手作り~

2020年中学受験の娘とシングルマザーの母とじぃじばぁばの中学受験勉強記録。家族みんなで、3年後、娘に綺麗な桜が咲くのをサポートします!

先生に向けて書いた親のコメントを勝手に消したよつばの話~解決編~

悩み

▼今回は、こちらの記事の続きです。▼

sakuranokinokage.hatenablog.com

 

 

さてさて、水曜日の授業のときに先生に読んでもらえるように、宿題背表紙の保護者コメント欄にコメントを書きました。

しかし、先生からの反応は無し。

よつばに聞いても「何も言われなかった」としれっと言うため、「先生は何も言ってくれないんだ…」と少々がっかりしたわたしです。

ところが、翌日の22時過ぎに先生から電話がかかってきました。

(そのころ、よつばは就寝中)

 

そして、先生からの言葉にびっくり仰天( ゚Д゚)

先生のお話を要約すると、

 

🔴わたしの書いたコメントををよつばが授業前に消す。

(ペンでグチャグチャっと塗りつぶす。)

🔴消し方が雑だったため「自分で消したよね?」と先生が問い詰める。

🔴「お母さんに、このことを報告するよ」と先生に言われると首をフルフルと振って拒否したよつば。

 

とまぁ、こんな感じです。

 

Σ( ゚Д゚)うぉい!!

全っ然、よつばの報告と違うやないですか!!

というか、親が先生に向けて書いたコメントを消すなんて、なんちゅうやっちゃ(°Д°)

それで、「何も言われなかった」と表情一つ変えずに言うとか…。

肝、座りすぎていませんか?

 

先生との電話で、とにかく4年生になってから朝から晩まで宿題に追われて自由時間が無いこと。

週末で調整しようにも、日曜日にスイミングの試合が入ると終日潰れてしまい、調整どころかスケジュール前倒しでいかないと追いつかないこと。

その結果、土曜日はスイミングの練習→宿題→週テスト→宿題で1日が終わることを伝えました。

1月までは国算の2教科だったのが理社が増えただけでも大変ですが、特に算数の宿題の量が2倍に増えたので本当に辛いです。

習い事と二足のわらじを履いている世の中学受験組の皆さんは、いったいどうやって時間を使っているのでしょう?

我が家は余裕がなさ過ぎて家の中がギスギスしています"(-""-)"

これ、あと何ヶ月続くの~(´;ω;`)??

 

先生からの提案は、スイミングの試合が入った週は算数の宿題の量を減らすことでした。

とりあえず、小4の今の段階で応用問題は出来なくても全く問題がないので、応用問題は飛ばす。

毎週渡される算数ドリルは『基本問題』と、基本問題より難しい『練習問題』に分かれているのですが、基本問題は飛ばして、よつばのクラスでは必ず解いてほしい『練習問題』だけを行う。

これで、宿題の量がグッと減ります。

 

今回の先生からの提案は、正直複雑な気持ちでした。

病気ではなく習い事で宿題がこなせないので、こちらから宿題の量を減らしてくださいとは言い難い状況でした。

なので、先生からの宿題軽減の提案はとてもホッとしました。

しかし反面、「算数が苦手なよつばが更に算数の演習量を減らしても良いものなのか?」という不安があります。

夜遅くまで闇雲に宿題をこなしても、どうせ身に付かないということは理解しています。

ただ、『量をこなすこと=努力』という思考の世代のわたしからすると、宿題の量が減ることは、どうしても努力の量が減るという風に思ってしまうのです。

だから、先生からの提案を「やった~!!宿題のプレッシャーが軽くなった♪」と手放しで喜ぶことができませんでした。

 

わたしの頭が固いのはわかっているんです(T_T)

よつばの毎日は勉強でパンパンです。

こんな余裕がない状況では、勉強をしたことが頭に残らないですもんね。

 

のんびり構える気はないですが、まだ小4。

受験まで3年間あります。

受験を前によつばが息切れしないように、頭の固~いわたしたち大人チームの頭が少しでも柔軟になるように祈っていてください(笑)

 

 

▼連絡はこちらのメールからお願いいたします。

info.feerire@gmail.com

 

2つのランキングに参加しています。

ポチリしていただけますと嬉しいです♪


にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ